糖尿病日誌┃日々の努力と健康食品が細胞を変えて改善

薬

病気の基礎と歴史

病気のことを知ろう

糖尿病の改善と予防の前に、この病気について知っておきましょう。数年前に糖尿病を患った私の経験をもとに紹介します。インスリン(ホルモンの一種)という血糖値を下げるホルモンが低下して、血液中の血糖が異常に多くなる状態のことです。糖尿病には四種類に分類され、1型は生まれつき膵臓の細胞が壊され、膵臓から分泌されるインスリンが異常に不足している状態を表します。もひとつの2型は、遺伝や生活習慣病などによる肥満などでインスリンの働きが悪くなり出にくくなる状態です。その他には、膵臓などの臓器の病気などや、薬による原因などがあります。あと、妊娠中に糖尿病になる妊娠糖尿病があります。こういった要因によって、通常、人は飲食した時に血糖値が上がりますが、通常であればインスリンの作用によって血糖値を下げます。ただ、糖尿病を患っている方はこのインスリンの働きが足りず血糖値が下がらない状況が続き、さまざまな病状が現れます。

歴史がある

糖尿病という病気の歴史を辿ると、古代エジブト時代の紀元前16世紀頃が人類史上もっとも古い糖尿病についての情報が残されていると言われています。ちなみに医師が尿を舐めて甘かったという話しも残されています。日本における糖尿病の歴史を紐解くと約1000年前に公卿が糖尿病の合併症を患っていたと言われ、痩せ細っていったとの情報もあったため当時は肥満体だったのではないかと言われています。

最新の治療・予防対策

昔から成人病として認知されている糖尿病ですが、最近はサプリメントなどの健康食品を用いることによって栄養管理や症状の改善効果があることが分かっています。病気の根幹にあるのは栄養の偏りであることが大きいので、サプリメントを日常に取り入れることでバランス良くなるでしょう。また、安価ですぐに取り入れやすい改善方法であるということも選ばれている理由のひとつに挙げられます。

症状を調べる

糖尿病を患った私自身が経験したことを思い返してみて改善前の初期症状だったのではないかという点を挙げてみました。また病名にもなっているように排尿からのサインで改善のヒントも紹介します。

Read More...

病気を正しく知る

軽度な糖尿病時に自分が体験した教育入院。糖尿病についての理解を深めて正しく改善するために入院をして徹底的に勉強や運動をしていくプログラムです。真夏の教育入院について体験談を語ります。

Read More...

入院と改善

糖尿病の症状が悪化して入院となった日から一ヶ月間の糖尿闘病を綴ります。糖尿病改善のためインスリン注射を経て今では無投薬で生活できるまでになりました。日頃の生活習慣がとても大切です。

Read More...